natural harmony

yuricu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンプ ( 5 ) タグの人気記事


2016年 09月 04日

新潟 和島 de キャンプ

新学期が始まったというのに、夏休みのお話。
お盆休みは恒例になりつつあるキャンプへ。
6回目の今回は、新潟の長岡市、和島オートキャンプ場。
片道5時間コースなので、今回はいつもより1泊長い初の3泊4日。
ザ・お盆の時期しか休めないパパと一緒の家族旅、ザ・お盆でも3泊しても、キャンプなら家族5人で2万ちょい。
山の日翌日早朝出発、意外と渋滞知らずで、5時間弱で到着。

まずは海へ。
海沿いを走るとちょこちょこと海水浴場が。
目の前の駐車場が停めやすそうだった大和田海水浴場へ。
この辺り、うれしいことに、だいたいどこも海のすぐそばが無料駐車場。
b0344081_19341641.jpg
水が透き通ってる〜!
ほんとにきれいでびっくり。
この夏、初めての海に走り出す。
b0344081_19332450.jpg
波はほとんどなくてプール状態。
海の中をのぞくと小さなフグが見えたり。
もう、大満喫^^
b0344081_19390187.jpg
たっぷり遊んだ後、キャンプ場へ。
の前に、魚のアメ横へ。
b0344081_19423921.jpg
10軒近くの大きな魚屋さんが立ち並び、ウチの近くにもある角上魚類の本店が。
品揃えも安さも大違い。
やっぱり蟹に吸い込まれる〜(≧∇≦)
試しに、夜ゴハン用に500円の蟹を2匹購入。
これがおいしかった〜♪ のと、車ですぐ寄れる場所だったので
3日通って蟹三昧しちゃいました。
b0344081_19431119.jpg
和島オートキャンプ場、
区画が広くて景色が最高!
予約の時は、お風呂がないのが...でも、近くに日帰り温泉もあるから
と思っていたけれど、シャワーが何カ所かあって、
こんなにたくさん人がいても待つことなく使えて快適。
海からあがって、テントの片づけの後に...と、いつでも使えたので、
結局、日帰り温泉のお世話にならず。
4~5サイトおきに水道があって、たまたま水道があるサイトだったので、
これまた便利。
b0344081_19433631.jpg
一日目、買い出しから帰ってきたら、空が赤い。
急いでキャンプ場の展望台に上ると、
海にしずんでいく夕日がきれいに。
3日ともいい天気だったけれど、
天気がよくても水平線辺りがもやってしまうことが多くて
こんなにはっきりと海にしずんでいく夕日はこの日だけ。
ほんとに幻想的。

2日目は、キャンプ場を降りたら目の前が海とうたい文句の山田海水浴場。
とはいえ、降りるのがこのひと山。
まだ行きはよいよい。帰りが。。。真夏にはぜいぜい。
私は結構、お散歩やジョギング好きなので、
水着のまま帰って来れるし、翌日もここで
と思ったものの、パパが子供たちを賛同させて、
「明日は一日目のとこ行こ~♪あっちのがキレイだったよな」って。
まぁ、どっちかっていうと、一日目の海の方がキレイだったかな
車で10分くらいだったし、い、いいんだけどね。
帰りの上りが相当こたえたご様子。
b0344081_19435541.jpg
海の後は、キャンプ場でシャワー浴びてから、
近くの道の駅 良寛の里わしま へ。
日本で数百頭しか飼育されてないガンジーという牛さんの牛乳で作った
ソフトクリームがおいしいとのことで。
これが、ソフトクリームなのにさっぱりしてて、ほんとにおいしい~!
それから夕食に産直のお野菜でもと思ったら、朝のうちに売れてしまうようですっからかん。
b0344081_19442130.jpg
大満足だったのですが、帰りがけ、出口のところで
「ガンジーコロネソフトクリーム」の看板。
もうちょっと先に行くと食べれるらしい。
このソフトクリーム、パパも気に入ったので、翌日はそっちに行ってみようということに。
そして三日目、一日目の海に車で!!!行った後、
道の駅 良寛の里わしまをほんとに少し入ったところにある「和らぎ家」へ。
前日行ったいかにも道の駅 良寛の里わしまと同じ敷地内ということらしいですが、
前日の方は「もてなし家」というらしいです。
ソフトクリームだけでも、お座敷で食べれてゆっくり。
b0344081_19450373.jpg
右が、ガンジーコロネソフトクリーム。
下のパン部分が米粉パンで、外カリッと中フワッとでおいし~♪
なかなか食べ応えあるしっかりしたおいしいパン。
そんなあつあつのパンにおいしいソフトクリーム。
ソフトクリームに500円かぁと思ったものの、大満足。
下二人とパパはコロネにはそそられなかったので普通のガンジーソフトクリームを。
これ、前日のは380円。
この日のは300円。えっ???
どこが違うのかと言えば。。。前日のお店の方が若干、カップが豪華?

そして、2日目&3日目の夜ご飯はカニ三昧♪
500円の蟹を一人一匹で5匹頼んだら、
おばちゃんが何も言わずに隣の800円の蟹を2匹入れてくれるんです。
2匹だとさすがにおまけはなかったけど、
5匹だと2日ともしてくれて、なんて太っ腹。
でもどれが500円か800円かはっきりとはわからず。。。
な私たち家族には500円でじゅうぶんのようです。
b0344081_19452909.jpg
限られたスーパーしかないようなとこだけど、近くに100均があったので、
キッチンばさみを追加購入。
下のお二人さんも、もう自分でできるー!って、
世話いらずで食しておりました。
b0344081_19454213.jpg
そして、今回初めてメニューはじゃがバターとチーズフォンデュ風。
おしゃれな絵面ではありませんが、カマンベールにまるく切り込みを入れて
まわりで焼いたパンやミニトマトをとろ~りチーズをつけながら。
簡単でおいしかった~^^
この日、キャンプ場近くで花火大会が。
キャンプ場からは見えないけど、車でちょっと下に降りれば見れるとのこと。
でも、火をつけたままじゃいけないし、車に乗るならビールはガマンだし
と、花火は今度どこがでとキャンプご飯を楽しむことにしていたら、
端っこのサイトだったので、高く上がる花火限定で、花火が見えるー!
なんだか得した気分♪
b0344081_19460178.jpg
そして、こちらもお初の朝ゴハン。
初日はいつもの棒つきウィンナーでしたが、
お湯であっためるだけのハンバーグをちょっとトーストした食パンにはさんで。
子供たちのリクエストで3日目もこれにしちゃいました。
全員O型の我が家、喜んで同じもの続けちゃう家族です。
b0344081_19464643.jpg
あっという間の最終日。
5時間かけてもまた来たい。そう思わせるキャンプ場でした。
テントを片づけてシャワーをあびて、いざ出発。
近くの寺泊水族博物館へ。
イルカショーとか派手なものはなく、1時間くらいでまわれちゃう小さな水族館だけど、
水槽のガラスにプチ情報が書いてあったりして、
なかなか楽しめる水族館。
b0344081_19462029.jpg
こんな黒や青のクラゲ初めて。
備え付けの虫メガネで真剣にのぞきこむお二人さん。

この後は、4日目も来てしまいました魚のアメ横。
最終日は、ここでランチを。
長女はいくら丼定食、私とパパは船盛定食、お二人さんはお子様ランチ。
海の近くのお楽しみ。
b0344081_19470082.jpg
ゴハン食べて、お土産をぷらっと見てたら3時過ぎ。
もう一つだけ、私が寄りたいところがあったけれど、
これから5時間以上の道のりだから、そろそろ帰らなきゃだし、
お二人さんはネムネムになっちゃったし、
行かなくてもいいかなと言うと、パパがせっかくだから寄ろうと言ってくれて、
ちょっと寄り道。
でも、寄ってよかった。素敵な場所でした。
いつもながら長くなっちゃったので、素敵な場所は次に。


[PR]

by tky-yuricu | 2016-09-04 00:44 | キャンプ | Comments(0)
2016年 05月 29日

九十九里 de キャンプ

またまたまた、今ごろGWのお話。。。σ(^_^;)
後半の三連休は恒例のキャンプへ。
GWは夜の気温重視で、選択肢は自然と房総か伊豆。
今回は房総と言っても北のあまり行っていないエリア、
九十九里シーサイドオートキャンプ場へ。

初日は、キャンプ場へ行く前に、地球の丸く見える展望館へ。
そのネーミングから、勝手に、水平線が弧を描いてるのを想像していた私。
ムム…気持ちのいい青い空だけど、
水平線はモヤってて、よーく見ても弧を描いてるようには。。。
と思ったら、高台にあって360℃の内330℃が海で…とあり、
それで地球が丸いことを感じられるようなんですが。。。
う〜ん、私にも子供たちにもよくわからず。。。
気持ちのいい景色に深呼吸して、中へ。
魚拓ならぬ貝拓をやっているとあったので、そちらに。
材料費100円で、おじいちゃんおばあちゃんがマンツーマンで教えてくれるのですが、

b0344081_15385002.jpg
これがなかなか素敵な出来。
水彩絵の具で葉っぱなんかでもできるみたいなので、
夏休みにでもうちでもやってみたいな。
b0344081_16410204.jpg
お次は、この展望館と一緒にまわると割安になるという銚子ポートタワー
と、そのお隣、お魚やお土産屋さんのあるウォッセ21へ。
市場のごはんやさんって感じのオープンな丼もの屋さん「まほろば」でお昼を。
b0344081_16384537.jpg
うに丼もいくら丼も1500円ちょい。
どちらもすてがたいけど2食丼だと2000円弱。
それならと、長女と、うに丼といくら丼をたのんで、半分こずつに決定♪ 
これが、うにもいくらもめちゃうまで大満足。
パパは迷って天丼に。1500円弱ですごいボリューム。
次女と三女はうどんを半分こ。
これまたボリューム満点の天ぷらとお出汁が透明でめちゃおいしい^^
かなり当たりなランチでした♪
で、このお店のはす向かいにある直営の魚屋さんで夜用に金目鯛を買ってキャンプ場へ。

b0344081_15383245.jpg
予約の出遅れた私たちは一番奥の林間サイト。
落ち着いた場所ではあるのだけど、
入り口に受付、洗い場、トイレ、お風呂が集まっているので、
そこから、芝サイト、コテージを通っての林間サイトは遠かった。。。
料金もさほど変わらないので、子供連れには芝サイトをオススメします。
ここ、無料のお風呂が熱めの露天風呂で超気持ちよかった~♪
そして。。。予報で覚悟はしていたものの、初日の夜から2日目の朝まで大風雨。
すごい音で子供たち眠れないんじゃと思ったけど、みんな爆睡。
そして、昼前にはカラッと晴れて、足だけでもつかりたいパパに誘われて散歩がてら近くの海へ。
b0344081_15405714.jpg
b0344081_15412800.jpg
すんごい荒れた海。
まだ風はあって、とんでくる砂に痛い~!と言いながらも、
波打ち際で足をつけるだけなのに、はしゃぎまくっておりました。

2日目は、去年、館山で感動したいちご狩りやハーブガーデンにと思ったものの、
この辺りの今年のいちご狩りは終了しているようで。。。
道の駅めぐりしながらハーブガーデンへ。
b0344081_15390760.jpg
海の駅九十九里と、おらいはすぬま。
どちらも、思ったより小さい道の駅でしたが、
産直のおいしそうないちごとぷくぷく肉厚なしいたけをゲット。
しいたけBBQ、サイコ〜^ ^
b0344081_15391502.jpg
ハーブガーデンでは、リップクリームやリース作りをやりたかったのですが、
混んでいるGWでは逆にやっておらず。。。
併設のカフェも美味しいと口コミにあったけど大混雑。
でもでも、ガーデンには私の好きなカモミールが群生して、ハウスには、私の好きな感じのハーブやグリーンが所狭しと。
平日にゆっくり来たい場所でした。。。

いろんなゆるキャラがいる千葉県。
行く先々で顔をはめる子供たち。
b0344081_15385819.jpg

そして3日目は帰りがてら、子供たちご希望の今年も東京ドイツ村。
今年もヤフオクで、駐車代1000円で10人まで入園無料のチケットを540円でゲットして。
b0344081_16375143.jpg
今年は新たに、ウォールクライミングが。
と言っても、休憩所の壁なので、高さは普通の1階分の高さしかないのですが、
運動いまいちな我が家の三姉妹は、この高さでも悪戦苦闘。
わんぱくな小学生には物足りないと思われますが、
なかなか楽しめました。
b0344081_16380537.jpg
そして、去年の写真⁈と錯覚するような… (去年のドイツ村はコチラ
いわゆる遊園地のっぽいのに
意外にも美味しいピザハウスで腹ごしらえ。
の後は、車でアトラクションエリアへ移動。
またやりたいとずっと言っていた国内最大級⁈のすべり台へ。
念願のすべり台に上りも小走りしていたものの、
この上りのおかげで制限時間15分に物足りなさはなく、大満喫で終了。
b0344081_16382077.jpg
こちら、こじんまりな感じはあるものの乗り物に大興奮なこどもたち。
でもこれ、フリーパスがなくてチケット制なのが、ムムム。
閉園時間が早いことに感謝。

こんなに遊んだし暑かったし、帰り道はいつものように爆睡…と思いきや、
b0344081_16390563.jpg
行きの車中も大活躍していた三女のなぞなぞブックでなぞなぞ大会。
いつもはお疲れ休みのあるキャンプ、
今回は翌日が学校だから車で寝てほしかったけど、
この本、なかなか、大人も考えちゃうなぞなぞが載ってて、運転手のパパには眠気ざましに。
私は一番に限界がきて脱落させていただき、
どこでもドア状態で我が家に着きました。

[PR]

by tky-yuricu | 2016-05-29 07:22 | キャンプ | Comments(0)
2015年 08月 28日

西伊豆 雲見 de キャンプ

あっという間に2週間前のことになっちゃいましたが(^^;
the お盆のパパの夏休みに、春夏恒例のキャンプへ行って来ました。
the お盆 のお宿がスーパーお高い時期でもお泊りできるのが
キャンプのうれしいところ。
そうでなきゃ、小学生3人家族で毎年お泊りなんて無理無理な我が家のお財布事情。
5回目のキャンプは、(過去キャンプ記事はこちら   )
西伊豆でも南寄りにある 雲見夕日と潮騒のオートキャンプ場へ。
こちら、私的には今まで行った中で1番快適でした~♪
b0344081_06281177.jpg
キャンプサイトは2段に分かれていて、海に寄って3時過ぎにチェックインした私たちは下段。
当日のチェックイン順でサイトの場所を選ばせてくれ、
このすべり台の脇を上った上段は絶景の海が広がってるので、上段から先に埋まってしまうらしいです。
残念~とは思ったものの、洗い場やトイレ、手づくりのすべり台やブランコは下段にあるので、
小さい子連れには下段も便利。
新しくはないものの、洗い場もトイレも無料の温水シャワーも管理棟の中なのでキレイで、
キャンプに行くのに虫にギャーギャな我が家の娘たちも安心^^
ゴミの分別や時間をオーナーさんがしっかり決めて、掃除もご夫婦でちょこちょこしてくださって
いるので、とにかく清潔に保たれていました。
夏にはうれしい無料シャワーも温水で、子供たちとまとめて入れるくらい大きいスペース。
チェックアウト時間の11時まで使えるので、汗だくでテントをたたんだ後、
さっぱりして帰れるなんて、ほんとキャンプのかゆいところをわかってくださってる感じです。
そして上段には絶景を見ながら入れる無料温泉が。
オフシーズンは家族で入れるみたいですが、ハイシーズンのこの時期は男女2時間交代制。
b0344081_06445192.jpg
上段からはこんな絶景が。
b0344081_06491201.jpg
ちょっと雲が広がっちゃいましたが、名前にあるだけあって夕日にもうっとり。
夜になると星もほんとにキレイで、細か~い星屑や流れ星もみれて、
景色ならやっぱり上段だったかなぁ。。。
でも上がればすぐなので、戦力にならない子供連れにはやっぱり下段が快適かなぁ。。。

上段からでも十分な絶景のお風呂の脇の小道を上って行くと見晴らし台が。
b0344081_06544777.jpg
朝のお散歩に最適。
お散歩というにはなかなか足場の悪い森を上る感じで、
上段から上って下段に出てくるほんの10分くらいのコースだけど、
その足場の悪さ感が子供たちにはアドベンチャーチックでもあったみたいで大喜び♪

夏はやっぱり海水浴。
雲見は小さな湾がちょこちょことあって小さな海水浴場がいっぱい。
湾なのでどこもプールみたいにおだやか。
1日目は「東洋のコートダジュール」というフレーズに誘われて、岩地海水浴場へ。
コートダジュールがどんなとこか知らないけれど、なんとなーく紺碧の海なイメージ。
b0344081_07015269.jpg
ほんとにキレイ!
透明度もよくて砂が白い!
b0344081_07042974.jpg
湾に作られた小さな浮島に行ったり、プカプカ浮かんだり大はしゃぎ。
こちら、ネットで298円で購入のボート大活躍。
でしたが、重量オーバーで遊んだせいかお安さのせいか、
次の日には穴が開いていることが発覚。一日の命でした。。。

そして2日目は雲見の中心地!?にある松崎海水浴場へ。
b0344081_18093735.jpg
岩地よりはちょっと広めのビーチ。
この時期にうれしい無料の駐車場がすぐ裏にあって、10時過ぎに行ってもラクラク駐車。
前日の岩地は駐車場から下のビーチまで息切れする階段を上り下りで満車間近の1500円。
この差は透明度が落ちるからかな。
でもビーチはじゅうぶんキレイだし、広々でのんびりゆっくり、プール状態でプカプカ^^
子供達はこれまた大はしゃぎ。
b0344081_18100290.jpg

帰り道、ちょっと観光で堂ヶ島の遊覧船へ。
そういえば、パパと結婚する前2人で来たよね~なんて話しながら。

b0344081_18103876.jpg

しかーし、時は経ってるんですよね。。。
若かりし頃はスキューバダイビングにはまって船酔い知らずの私。
笑顔で写っているこのお二人の反対に座っていたグロッキー気味のお二人を
うちわで仰ぎながら、私も若干グロッキーに。。。
でも、洞窟を通る光がさした碧い海はほんとにキレイ。

テントをたたんで帰りがてらの3日目は、

黄金崎クリスタルパークの体験工房へ。

の前に、ランチをしようと探すものの、この辺り、よさげなゴハン処が見つからず。

ちょっと小道を入ったところに、お寿司屋さん風の看板の「三共食堂」さんへ。

外観とは裏腹に、お盆のせいか、小さな店内はお客さんでいっぱい。

元祖小あじ鮨の看板があって、小あじ鮨を頼んでる方が多かったようですが、

一口サイズの鯵のお寿司が10貫くらい。。。私は小あじ丼でパパの1つもらおうと思ったらパパも小あじ丼。

食堂というだけあってメニューも、、、と思ったものの、半分くらい売切れの文字。

まだ12時。。。人気でというより、永遠に売切れのような?

それでも、長女はアジフライ定食、次女はラーメン、三女はイカ刺定食

と、それぞれ好きなものを注文。

それとみんなで1つ、カサゴの味噌汁を。

b0344081_18112810.jpg
ごれがどれも美味しかったー。あ、ラーメンはいたって普通な感じでした。
長女が頼んだアジフライはほんとに外カリッと中ふわっふわ。
添えられた明日葉の素揚げもおいしい~♪って、長女も大満足。
満腹になって、黄金崎クリスタルパークへ。

b0344081_18134623.jpg
飾り物系は作って終わりになってしまうので、一番実用的そうな?コップにサンドブラスト体験。
ガラスに特殊な塗料で絵を書いて乾かし、そこに砂を吹きかけてくもりガラスのようにして
絵を浮きだたせるというもの。
小1チームにはちょっと難しかったかな。
でも、かな~り真剣に2時間くらい作業に没頭。そして出来上がりにご満悦♪
1080円の作業代にプラス材料費で、コップなら1500円前後。
体験モノでいくらでも時間をかけていいにしては良心的なお値段かな。
風鈴デザインコンテストなるものもあったので、家族で一人ずつお絵描きして応募。
入賞するとデザインした風鈴を作って送ってくれるらしいです。
1コくらいこないかな~^m^



[PR]

by tky-yuricu | 2015-08-28 07:38 | キャンプ | Comments(0)
2015年 05月 14日

館山 de キャンプ

またまたご無沙汰しちゃってましたが、
GWは、春と夏とで恒例となりつつあるキャンプへ行って来ました。
お泊りするには一年で一番高い数日しか休みがないパパ。
まともに泊るのはお財布事情が厳しい我が家は
2年前の夏にテントデビューしてから今回4回目のキャンプ。
今回は予約が出遅れてしまい、キャンセル待ちでとれたキャンプ場、館山シーサイドビレッジへ。
まだ新しく手探り状態のようで。。。
古い宿泊施設の敷地をオートキャンプ場に解放しだしたという感じで、
大自然の中でキャンプ生活を楽しみたい人には不向きかな。
それでも徒歩5分で海、夜は蛙の大合唱、朝はうぐいすの声で目覚め、
我が家は自然を満喫。
キャンプするのに虫嫌いな娘たちには森の中みたいに虫が来ないので快適なようで。
b0344081_23255698.jpg
テントをはる間、シロツメクサを集めて冠とブレスレットを。
去年までは私に作って~だったのが、自分たちでできてご満悦。

チェックインは午後だったので、房総入りしてまずは道の駅へ。
TVで女優の藤田朋子さんが、旅をするなら観光案内においてある冊子をゲット!
これにはいろんなクーポンがついててお得♪なんてやってたので、
ちょっと気にして見てみると。。。
b0344081_23351010.jpg
まさに。朝一で行こうとしたいちご狩りの割引券!
1人100円、5人で500円引き♪
そして、いざ、初めてのいちご狩りへ。
いちご狩りって意外とお高くて、大人は2000円弱とかするんですよね。
しかも小学生からは大人と同料金とか。
家族でとなると。。。それなら好きなだけいちご買って食べるってのはどう?
と、時々出るいちご狩り行きたいを阻止してきた我が家。
でも、いちご狩りってGWあたりで終わりらしく、この時期はお安くなっていることを知り、
今回、初めてのいちご狩りへ。更に割引券使ってお一人様1000円。
行くなら今でしょー、でも終わりかけだとしょぼいいちごしか残ってないとかあるのかな~?
と思いきや!
b0344081_23433098.jpg
生まれて初めてのすんごいジューシーで甘~いいちごに感動。
いちご狩りをなめてました。
遠い昔、思えば、梨狩り、ぶどう狩り、サクランボ狩りはしたことがあったけど、
こんなに摘みたてを食べる意味があるって思ったのは初めて!
そうは言っても、いちご大好きとはいえ7才児のお二人さんは早々にギブアップ。
このジューシーさ、買ったいちごじゃ味わえないな~と名残おしくパパと二人で粘っていたけど、
制限時間30分いっぱい使う人はほとんどいず。
感動しつつも、この倍は出せないな~と思うのでした。

いちご狩りの後は館山の海で磯遊び。
b0344081_23574327.jpg
海♪海~♪と言いながら、ビビリー三人衆。
カニだ~!で喜ぶものの、おっかなびっくりでようやく持てるのは三女だけ。
長女はちっちゃーなエビでいっぱいいっぱい。
次女にいたっては、紫のキレイな貝だよ~ママ撮って~って。。。(=_=;
でもこれが楽しいんだよね。

今回は珍しく計画的な!?ちょっと観光メインなキャンプ。
夏は海メインだけど、GWは行き当たりばったりで遊ぶと痛い出費。
ということで、事前に鴨川シーワールドと東京ドイツ村の優待券をヤフオクで入手。
鴨川シーワールドは、大人2800円×2、子供1400円×3で、ほんとなら9800円。
のところ、大人2名まで無料、他3名まで半額というウチにはもってこいの
優待券を3282円で。合わせて5382円なので、4418円お得。
東京ドイツ村は、大人1200円×2、子供600円×3で、ほんとなら4200円。
のところ、車1台乗車10名まで無料という招待券を422円で。3778円お得。
合わせて、8000円弱もお得~♪
って、ねーすごいでしょ~ってパパに言っても反応うすっって感じなので、
すみません、ズラズラ書いちゃいました。
誰かのタメになれば^^ゞ

ということで、2日目は、鴨川シーワールドへ。
b0344081_00174812.jpg
鴨川シーワールドといえばシャチ!
間近で見るシャチは雄大でド迫力でほんとに見る価値あり。
イルカショーもお見事。
だけど、パパも私もショーの中では脇的なアシカショー好き。
大抵、どの水族館でも、アシカショーはお笑い仕立てになってることが多いですが、
ここの筋書やお姉さんたちのアドリブはほんとに楽しくて、
この笑うアシカの笑顔が最高^^
それから、白イルカのベルーガのショーはちょっと勉強仕立てになっていて
お兄さんとの息がばっちりすぎて、会話ができちゃうんじゃ!?
もしかして着ぐるみなんじゃ!?と思うほど。
下の子たちが生まれる前に来て以来なので、
どれも新鮮で親もめちゃちゃ夢中になっちゃいました。

そして、テントをたたんで帰りがてらの3日目は、
東京ドイツ村へ。
と言っても、東京ディズニーランドと同じノリで千葉ですが。
去年のGWのキャンプの帰りに行こうとしていたら雨に降られ、
また今度~になっていた場所。
b0344081_12084252.jpg
車でそのまま入って、いろんな遊び場へ車で移動するという初めてのタイプ。
芝桜も終わりかけだけど、なんともきれい。
多分、満開の時は人人人だろうから、どっちをとるか?
b0344081_12130423.jpg
満足^^満足^^
と言いながら、満開も見てみたいなぁ。

まずは、ポピーの花畑脇に駐車して。
ちょっと歩くと、いろんなもので自由に遊べるスポーツランド。
b0344081_13105567.jpg
バスケットゴールやストライクアウト、竹馬にフラフープ、
ここも親も一緒に熱くなっちゃいました。
まだ入り口なのに、ここだけでもうお昼。
先に行けばドイツっぽいごはん処があるらしいのですが、
お腹すいた~で、ここにあった小さなピザハウスでお昼ごはん。
b0344081_13173044.jpg
ぱっと見は、よく遊園地にありがちな食券買ってセルフサービスのごはん処。
だけど、奥に名シェフがいるのでは?
薄焼きピザもピラフもおいしー^^
当たりでした。

腹ごしらえした後は、アトラクションが集まっているエリアへ移動。

b0344081_13240070.jpg
芝そりゲレンデ。国内最大級らしいです。
上まで行ってビビらないかな~?という心配をよそに
走る走る。はしゃぎまくるお二人さん。
自己申告の15分。
ずっとやっちゃう子とかいないのかな~と思ったけど、
登るのにバテバテになって15分が限界のよう。。。
でもめっちゃ楽しかったご様子。
b0344081_13242608.jpg
後はやりたいものの中から待ちの少ない子供パターゴルフとバズーカ砲を。
ただ乗り物に乗るより、これまた親子で楽しめました。
そろそろ帰ろ~って歩いて行くと、漕ぐとシャボン玉が出る自転車発見。
b0344081_13571161.jpg
こんなかわいいお家もあったり。
駐車スペースのカラーコーンがドイツの国旗色に塗られているのと
ドイツ土産のお店以外には
どの辺がドイツ?かはわからなかったけど、
どこを見ても景色が気持ちよくて、遊ぶものがいろいろあって
まだまだまわりきれないドイツ村。
イルミネーションも有名らしいので、また来たいな~。

帰り道、さっききたばっかりみたい~って。
楽しいと時が経つのって早いよね。
夏のキャンプはどこ行こうかな。

[PR]

by tky-yuricu | 2015-05-14 14:39 | キャンプ | Comments(0)
2014年 08月 18日

河津 de キャンプ

2泊3日、伊豆の河津へ、キャンプに行って来ました。
パパの夏休みは、毎年、THE お盆のほんの数日。
子ども3人、このピンポイントにお泊り旅はお財布事情が厳しい。。。
でも海に行きたいな~、海行ったらお泊りしたいな~
で、去年、パパがテント de キャンプ !と思い立ち、最初は躊躇したものの、
ちょうど近くのホームセンターでテントが半額。
これは買うでしょーとキャンプデビューしたのでした。
GWと、今回は3回目。
b0344081_09135115.jpg
伊豆にある河津オートキャンプ場。
川あり、ちょこっと遊べる遊具あり、キャンプ場に無料の露天温泉つき。
まだ子どもが戦力にならない&キャンプ初心者にぴったりなキャンプ場でした。
夜になるとくわがたが寄ってきたり、虫好きな男の子ならたまらない森の中。
長女と次女は虫が大嫌いですが、いわゆる公衆トイレよりちょっときれいめなトイレにホッ。
まぁ、夜ゴハン時は、虫との遭遇にギャーギャー騒いでましたが。。。

初日は、渋滞とETCの深夜割引を考え、3時出発。
なんだかんだで、3時半出発でしたが、渋滞にも合わず、
ということも知らず、いつの間にか寝てしまい起きたらどこでもドア状態で、思いのほか早朝のうちに河津到着。
パパ、お疲れ様。。。

今井浜海水浴場へ。と思ったら、駐車場が2000円。高っ。。。
駐車場1000円の文字をみつけ、海岸続きのお隣の河津浜海水浴場へ。
b0344081_06053504.jpg
人気まばらな早朝の海。
もうすでにムンムンしてるので、いざ海へ。子どもたちも大はしゃぎ。
海好きなパパに連れられて、小さい頃から海には行っていたものの、
こわがって、海に行っても砂遊び時間が長かった3人。
それが、去年、スイミングを始めたせいか、でも泳ぎにはほど遠い段階と思っていたけれど、
波をかぶっても泣かないし、楽しい~♪って。すごい成長。
わ~遊んだ~♪お腹すいた~♪今何時?と思ったら、まだ10時。
なんだか得した気分。

2日目は、下田の水族館にでもと思ったら、昨日の海が楽しくて、また海へ。
の前に、ちょこっと河津七滝観光。
でも、三女が海!海!とうるさくて、七つのうち三つだけ。
b0344081_06313446.jpg
途中にこんな看板。
b0344081_06325444.jpg
こういうかき氷、食べてみたかったんだよねって、夫婦+長女意気投合。
帰り道に、竹林の石段を上がっていくと、
b0344081_06341670.jpg
「ひぐらし」さん。
家族で建てて、家族でここに住みながら。。。って信じられない竹林の中。
b0344081_06461188.jpg
滝の氷で作った山盛りのふわふわ滝氷。
甘夏とニューサマーオレンジとあずきミルクを注文。
いちごないの?とぶーたれていた定番好きの次女と三女も、ぱくついてました。
ふわふわの氷も手作りシロップもおいしかった~。

そして、待望の海へ。
今日は今井浜海岸。昨日の河津浜海岸駐車場に停めて徒歩5分。
b0344081_07070206.jpg
こっちの方がメジャーなだけあって、前日のお隣の海より少しおだやかめ。
それでも波がザブ~ンと来て、波の出るプールみたいに浅瀬の波で遊べる楽しい海。
いつもなら砂遊びから子どもたちを海に誘うパパも、ちょっと休ませてくれ~って言うくらい海に入りっぱなし。
こんな海が近くにあったら、毎日行っちゃいそう。海水浴ならベスト1かも。

最終日の朝ごはん。
b0344081_07250402.jpg
朝は簡単に。
夜も簡単だけど、写真撮るヒマがなかなか。。。
お湯で溶かすだけのカップスープ。外で食べるとめちゃめちゃおいしくて、
これにひたパンが朝のキャンプの定番。普段食べない量のパンがあっという間になくなっちゃう。
直売で買った黄色い小玉スイカ、300円。初めて食べる黄色いスイカ。
黄色いスイカなんてスーパーにも売ってるけどくらいな感覚だったけれど、
スイカは赤いもの、赤しか食べたことないからおっかなびっくりで
食べる子供たちに、私がびっくり。

そして、渋滞覚悟で。。。の帰り道。
思いがけず素敵なおいしいお店に会いました。
b0344081_07440633.jpg
「修善寺の洋食屋 de cafe」さん。
ファミレスくらい大きいのに、カフェのような素敵な空間。
カフェは家族ではなかなか。。。特にパパも一緒だとカフェメニューの量にまず満足できないので、
なかなか寄れない分野。
そしてメニューは、パパや子供たちにもうれしい骨付きから揚げランチやもち豚のしょうが焼き、
は、写真とるヒマもなく食べられちゃったので、私が頼んだ
b0344081_07510265.jpg
本日のパスタと魚料理のハーフ&ハーフのランチ、カルボナーラと金目鯛。
どれもおいしくて、
手で食べる骨付きから揚げランチにはフィンガーボールがついていたり、
チビッコ連れでカルボナーラを頼むと、黒こしょうを別にしておきましょうかと聞いてくれたり、
なんだかそういう心づかいってうれしい。
お店の方も小さなカフェで出会いそうな方でした。
それでいて、ボリュームも◎、お値段はどのランチも1000円ちょっと。
お隣さんが頼んでたオムライスは、ふわっふわなキレイな黄色の卵をきったらとろっと。。。
あれも食べてみたかった~。
もう一度来たいな。

家族で大満足なランチの後、また渋滞覚悟の道すがら、
休憩に寄った天城越えPAで、夏休みイベントで無料竹細工工作が。
竹トンボ、竹細工のカニさん、竹筒のブンブンゼミ。
b0344081_08295482.jpg
b0344081_17043162.jpg
おじいちゃんたちがマンツーマンでおしえてくれ。。。
竹トンボはほとんどやってくれちゃってましたが。
我が家は2人とも他界していて、子どもたちは本当のおじいちゃんの顔を見たことがないので、
なんだかこんな光景に、父のことを思い出しちゃったりしたのでした。
このセミさん、簡単なつくりなのに、回すとほんとにセミの鳴き声みたいな音がして、不思議。
なんでこんな音が鳴るんだろ?
いつかの自由研究に使えそう!?

それほどおそろしい渋滞にはつかまらず、無事、家へ。
「今度は3回ね。」って、3泊をリクエストの三女。
3泊するかは別として、キャンプを楽しみにしてくれる、それだけでなんだかうれしい。
今度はどこに行こうかな。

[PR]

by tky-yuricu | 2014-08-18 17:49 | キャンプ | Comments(1)